12/10/15

世界一勤勉な日本人、ストレスへの敏感さと早漏症

世界中には様々地域、そして自然環境と国家があります。
それぞれの国々に、いわゆるお国柄が存在しており、米国の男性は陽気でコミュニケーション能力が高い、
ドイツの男性は実直で法令順守の精神が強い、フランスの男性は恋愛や芸術の面で優れている等、
個性的な違いがあると言われています。
日本人男性は、世界一真面目と評価される事も多く、
手先の器用さや仕事への情熱、コモンセンスの理解などに大きな評価が集まっています。
ただ世界一お仕事が大変と言われるのも、日本人男性の性質であり、
特に20代から30代の若い世代は、企業を問わず、現場の最前線で厳しい時間と環境で働いています。
お仕事から来るストレスの強さも、日本は世界一と言われ、その点においては不名誉な評判かもしれませんが、
空気を読めるスキル、顧客や同僚のアイコンタクトに敏感に反応出来る点こそ、日本人男性の美徳であり、能力の高さです。

ただ、ストレスへの敏感な反応が多いのも日本人男性の特徴です。
ワーカホリック気味な男性は、夜の生活を満喫出来ない事が多く、
大勢の社会人が仕事のストレスから来る心因性の早漏症に困らされています。
ペニスが物理的に敏感という事なら、性行為の経験を積む事で改善出来ますが、
ストレス性の早漏症は経験値によって、克服出来ないのです。
そういったストレス性の早漏症は皮肉な事に真面目で性行為について実直な態度を持つ男性ほど、なりやすい性質を持っています。
早漏症に困らされたままでは、新婚生活や子作りライフが満喫出来ませんので、
あまりにも失敗が続いた際は、専門家やPE治療薬の支援を検討すべきです。
何も自分たち夫婦だけで取り組む必要性はありません。
今ではリーズナブルなカウンセリングやPE治療薬がありますので、使える選択肢は積極的にチョイスすべきです。